追求与向往

關於部落格
dgsda
  • 82

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

街路樹にいつも

しかし、私がこう言い放った直後、プラタナスの樹は急におとなしくなった。押し黙ったままジッとしている。私の心の中に再び寂寥感が甦って来た。いま一度光り輝く枝を見上げてみた。その輝きは、やはり悲しげであった。プラタナスは、しばらくして、やっと語り始めた。
「俺はねえ、もう疲れてるんだよ。木だってねえ、夜になれば眠いんだよ。ところが人間共は私を寝かせようとしない。クリスマスだか何だか知らないが、こんな眩しいものを括り付けやがって、四六時中イライラしっぱなしさ」
  私は美しく飾られた街路樹が放つ、もの悲しさの正体をようやく理解した。切なくなった私は、プラタナスに優しく声をかけた。

「そうだよね、樹だって生きているんだものね。夜ぐらいそっとして欲しいよね」
「そりゃそうさ、俺だってねえ、ただボーっと突っ立ってるわけじゃないんだ。大地の恵みを受けて懸命に働いている。春になれば人のために花を着け、夏になれば沢山の葉を付けては木陰を作ってやり、秋が来れば、人のために葉を落としては陽だまりを作ってやってるんだ。しかし、人間共は私の苦労に全く気付いていない。単なるオブジェとしか見ていない。だから、平気で電球を縛り付ける。それが悲しい。人間共は、樹にも生命があることに全く気づいていない」

 プラタナスの言葉に耳を傾けているうちに、私は身につまされる思いがしてきた。猫とて同じである。所詮人間共の愛玩に過ぎない。何だか悲しくなってきた。そのうち、ある妙案が頭に浮かんだ。「そうだ」私は周囲を気にすると、プラタナスの根元に近づき、張られてある電線に噛み付くと引き抜いてみた。すると、ブルーの点灯が一斉に消え、街路樹にいつもの夜が訪れた。行き交う人々は、がっかりしていた。

「Silent night, Holy night ...へへへっ」私はプラタナスを見上げて、ニコッと笑った。
「アリガトよ、お蔭で今夜はゆっくり眠れるよ」

失戀日記 選択間違えた 讀書也有好與壞 梧桐里的歲月 走在夢想的路上 読む側には 伊賀東照宮 春はまだ遠いなぁ 隣りに座った富澤老人 那北方狼的眼淚
相簿設定
標籤設定
相簿狀態