追求与向往

關於部落格
dgsda
  • 82

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

飼い主が分離

昨日は飼い主を噛む勢いで触られるのを嫌がっていましたから、かなり具合が悪かったのでしょうが、今朝は朝ご飯はぺろっと食べたから「大丈夫かも」とも思っていました。でも、こういうのはタイミングもあります。きっと今がそのタイミングなんだと。

「今日言って、明日に手術はできますか?」と聞いたら予定を確認してくださったら大丈夫ということでした。それならばとお泊りもとお願いして預けてきました。

手術の日は朝から絶食なのですが、これがなかなか神経を使います。一時たりとも目が離せません。うちの凛太郎はカラス並みに悪食ですし、草も食べれば土も食べます。なので預けることにしたのですが、それからやっと気が付きました。

よく犬の分離不安が言われますが、飼い主が分離不安になっていました。

凛太郎と暮らし始めて10年と7ヶ月、今まで1日たりとも離れたことがありません。なので離れた途端に不安に陥りました。なんか元気が出ません。それはあるだろうなとは思っていましたがこれほどまでとは。凛太郎の存在感はすごい。犬を飼っていない人には「たかが犬」なのかもしれませんが、家族が入院している時と同じような感じです。何か不安で、何かが足らないみたいな感じです。

凛太郎の手術は明日の午後、犬歯を抜くことになれば、もう1日様子を診る必要があるかもということで、その時はお迎えが明後日になります。

明日の手術が終わった段階でお知らせの電話をいただくことになっています。

帰りは伊賀市でお世話になった方のお家に少々お邪魔させていただいて、それから伊賀東照宮に手術の無事をお願いしてから帰ってきました。

ではまた明日 ということは稀で 女の子ひとり 漠然としてい 新しいことをする その頃の記憶 一個喜歡文采的她 簡単だしすぐに 優秀な生徒が ブログタイトルを変更しました
相簿設定
標籤設定
相簿狀態