追求与向往

關於部落格
dgsda
  • 82

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

感傷に突き進ん

最近は、『いのちの日』と呼ばれることの方が多くなったようだ。

この日は、そのほかに『鉄の記念日』『デジタル放送の日』『世界エイズデー』でもあるそうだ。
『いのちの日』は、2001年に自殺予防活動の一環として厚生労働省が制定したそうだ。
よく言われることだが、1998年以降、13年連続で自殺者が3万人を超えている。

『僕の将来に対する 唯 ぼんやりした不安』
という言葉を残して芥川龍之介は、旅立っていったとされる。
はっきりした不安や恐怖より、概念的な不安の方が人の心を縛るという。

日本人の中には、どこか悲劇的な感傷に突き進んでいく心が強いようなところがある。
そのせいか世界の水準と比較して、自殺に至る比率は高い。

18世紀のイギリスの作家ホレス?ウォルポール の言葉に
「 この世は、考える者にとっては喜劇であり、
感じる者にとっては悲劇である。

(This world is a comedy to those that think;
a tragedy to those that feel.)」
というのがある。
こう書いてみる あわてて蓋を閉じる 試合の間中しん ある程度の長さ 日の出来事に思 原來最後還是好聚好散 故鄉的一角 上帝送我的情人 何の脈絡もな を買うにも

相簿設定
標籤設定
相簿狀態