追求与向往

關於部落格
dgsda
  • 82

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

以前のタイトル

今のブログ名に変えてからどのくらい経ったんだろうと思って振り返ったらこんな記事があって、早いもので2年以上過ぎていた。紙のノートに書いていたら何冊目になっているんだろう。ノートの2冊め3冊目になれば、表紙にNo2とかNo3と書いていたものだったなあと思い出す。

その前のブログ名には思い入れが多々あったけれども、今のにはそれほどの強い愛着はなく、かといって変えたいほどの動機もないのだけど、cocode note No.2にして無理やり心機一転というのもなしではないなあと思う。が、ここで「なしではない」なんて書いてしまうくらいだからたぶん、「あり」ではないんだろう。

前にも書いたことだけれど、以前のタイトル(やさしくってかなしくて)で日記を始めて少ししたときに、「ひょっとしたらアルフィー(THE ALFEE)のファンですか?私もファンなんです」というコメントをいただいたことがあった。アルフィーにそういう歌い出しの古い曲があり、さらにわたしのハンドルがメンバーのひとりと同じ「桜井」であったことからそう思われたのらしい。
確かにその歌は聞いたことのあるものだったので、もしかしたら私自身、どこかで覚えていてサイト名に使おうと思いついたのかもしれない。でも自分では原田宗典の『優しくって少し馬鹿』の方を意識していた気がする。

誰かのやさしさがどうのこうのではなく、じぶんの優しさと思うものがはたからみれば優しいつもりなだけなのが哀しいというか、優しいのは弱いからで、「優しくって少し馬鹿」というより「弱っちくてかなりダメダメ」そのくせたまにきついのを、今はあの頃より隠そうとしているかもしれない。
どうしてcocode noteにしたのかは忘れたけれど、気持ち的には、やさかなのシーズン2とかシーズン3を続けていて、今は4くらいなんだな。
それが夜中に目が覚めて眠れない時に思ったこと。
如約而至的幸福 Marble Brownies 富澤老人がほぐし 便利なんですよ 私が異邦人な 改めて見 強情に踏ん張 気持ちの持ち方次 錯覚さえ懐か る時と同じように

相簿設定
標籤設定
相簿狀態