追求与向往

關於部落格
dgsda
  • 82

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

て井伏鱒二

日本でも、文人に釣り愛好家が多い。
たとえば、『ジョン万次郎漂流記』や『ドリトル先生シリーズ』の翻訳などで知られる小説家の
井伏鱒二氏のペンネームは釣り好きが高じてその命名となったと言われている。

その井伏鱒二は、変わり者の評論家である佐藤垢石(こうせき)の釣りの弟子でもあった。
垢石氏は、戦前の政治評論家で、鋭い舌鋒で政治家などを攻撃していた。
彼は、かのウォルトン卿のように、揺れ動く政界に嫌気がさし
個人的にも、釣りをこよなく愛する人物でもあった。

垢石氏が、釣り人となる教訓として井伏鱒二氏に書いた手紙に
「釣りをする時は、山川草木に溶け込まなくてはいけない」
「釣りの妙諦というものを会得するには、『姿、心境、技』の三つを揃えなくてはならない」
これは、釣り人にとって非常に含蓄のある言葉だと言える。
一文で表すなら、
「自然の世界に溶け込み、姿も釣り人らしい美しさがなければならない」
ということを意味するようだ。

このような教訓を残す釣り人は、
釣り竿の片端に手を添えている馬鹿者ではなさそうだ。

寿司が食いたい お盆が先に落ちた 理解に苦しむ 雪をすくったり 朝、昨夜の風雨で 風景を感じ 一晩寝て改めて 為你吟唱一曲 と思いついた 母の焼いたバ
相簿設定
標籤設定
相簿狀態