追求与向往

關於部落格
dgsda
  • 82

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

へ展開して敵陣

松田が2つ目のトライを挙げた際、早稲田は外側の防御が外のパスコースへ飛び出していた。いわゆるアンブレラ?ディフェンスである。ところが内側の押さえがなくて、ディフェンダーの存在を認めてパスするのをやめた松田に、簡単にブレイクされてしまった。個人的嗜好ではあるが、観ていてあまりいい気がしない抜かれ方で、松田にパスさせたほうがよかったのではないかという考え方が成り立つ。早稲田に集中力の衰え、あるいは一体感が損なわれつつあることを感じ、34×10というスコアに最後通牒を突きつけられた気分になったが、早稲田はこのリスタートキックを左へ短めに蹴り、左LO黒木東星がマイボールとして連続攻撃を仕掛けた。テンポよくボールをつないで、攻撃的に前へ出る帝京のディフェンスを凌駕する。最後は9-14-11と左へ細かいパスをつなぎ、深津からもう1度手渡しでもらった荻野が左中間へトライ。ゴールも決まり、34×17としたのち、19分にもトライを挙げる。芦谷のキックキャッチからワンパス、荻野へつないで手渡しの岡田から左展開。9-10-7-13-12-15、藤田が森谷と中村に来られながらタッチ際ギリギリで内へ放した。このパスをキャッチした左CTB坪郷勇輝が左隅へトライ。34×22となった。

このリスタートキックで帝京がダイレクト。早稲田のセンタースクラムで再開された。12点リード。どんと来いやと早稲田のアタックを包み込むような、大らかな気持ちで臨むことがまだ許される局面だったと思うが、帝京もプレッシャーを感じていたのだろう。おまけにスクラムでイリーガルホイールのPKを献上してしまった。佐藤が速攻して8-9-10-11と左へ展開して敵陣22メートルへ入ったあと、1度は倒れ込みのペナルティで攻撃権を失った早稲田だったが、24分、オフザゲートのPKで再びマイボール。小倉のキックがノータッチとなり、松田にタッチキックを蹴り返されたが、ラインアウトは敵陣22メートル手前。チャンスがめぐってきた。ロングスローを垣永に合わせたのを皮切りに連続攻撃。このアタックで奮闘したのは岡田だった。7次で左サイドを突き、残り6メートルへ。さらに8次、荻野がさばいたパスをもらったときもしぶとく前へ出た。27分、オフザゲートのアドバンテージが採用されたところで荻野がクイックタップ、パスダミーを入れて左中間へ飛び込んだ。コンバージョンも成功し、34×29。早稲田が5点差まで詰めた。

来客があったときに 母は小声でつ そんなこと書い 乘着轻盈的蒲公英 自宅のそば 握りしめたか 一反木綿のよ 働いていたんだ 一番の遅起きです 私が見たら
相簿設定
標籤設定
相簿狀態