追求与向往

關於部落格
dgsda
  • 82

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

現代の鏡と変わ

都知事選がいよいよ終盤を迎えて来た。
考えてみれば、どの候補者も、これまで一様に実績を残して来た人物。
経歴に恥じる人はいない。
四十を過ぎたものは、自分の顔に責任を持てという言葉があるが、
「鏡」に写し出される顔には、正直に、それぞれの年輪が刻まれている。

「鏡」というものには、そのままを反射するところもあれば、
どこか魔性の影を感じることがある。
たとえば、ただの二つしかないのに、それを合わせ鏡にすると無限の像を結ぶ。
ルイス?キャロルの『鏡の国のアリス』は、
鏡を通り抜けて異世界に迷い込む物語。
鏡の向こうには、人が見ることの出来ない世界が展開している。
この『鏡の国のアリス』には、チェスが出てくる。
そして「勝敗は時の運」と言うが、
チェスは、鏡に写し出されると、局面がまったく逆の形勢に見えてくるもの。
逆転の妙を暗示しているところがある。

先ごろのニュースに、
3Dプリンターで「卑弥呼(ヒミコ)の鏡」と呼ばれる三角縁神獣鏡の精巧なレプリカを作り、
裏面の文様を太陽光を当て、壁に反射させたところ、
3Dを映し出す「魔鏡」だったことが分かったという。
この鏡、鏡面を磨き上げると現代の鏡と変わらないほどに
キレイに像を浮かび上がらせるという。

このたびの都知事選の候補者。
多くの実績とは裏腹に、一様に様々なスキャンダルを抱えている。
「卑弥呼の鏡」のように、
きれいに磨き上げたオモテの顔だけではなく、
それぞれ複雑な様相を映し出す、ウラの顔があるようだ。

これから一週間、
鏡に写し出したような一発大逆転は、あるのか?

不擾你的塵世 喜歡沉靜的夜 一路上的花香 遲來的覺悟 可曾想在紅塵中別離 永遠記得你給我的好 一代會比一代棒么? 吃粽子代表的精神 用時光寶盒記載 嫩綠的希望
相簿設定
標籤設定
相簿狀態